学術研究大会

  

2025年 第16回 

日本臨床看護マネジメント学会学術研究大会

 

 0から1を生み出す創造的マネジメント

―能登の復興と創出 

 

 

大 会 長 : 中村 真寿美(金沢医科大学病院 副院長・看護部長)  

 

日   時: 2025年2月9日(日)9:30~16:30

 

場  所: 金沢医科大学病院 北辰講堂

     〒920-0293 石川県河北郡内町大学-1)

 

 

 参 加 費:〈事前登録〉

       会 員:7,000円

       非会員:8,000円

       能登半島地震震災割:4,000円

       学 生:1,000円

     〈当日参加〉

       会 員:8,000円

       非会員:9,000円

       能登半島地震震災割:5,000円

       学 生:1,000円

 

     ※能登半島地震震災割について

      対象:震災被災者、石川県在住の震災復興支援者の方

【一般演題募集】

一般演題の申込はこちらから

【申込み】

お申込みはこちらから

(申込み期限:2024年11月30日まで)

 

【プログラム】

  総合司会:髙見 知世子 (金沢医科大学病院 看護副部長) 

 

:30 開会挨拶 

 

:35 大会長講演

    「能登の復興と看護の未来

  ―創造的マネジメントと持続可能なイノベーション―

 演者:中村 真寿美 (金沢医科大学病院 副院長・看護部長)

 座長:石川 倫子(石川県立看護大学 教授)

 

1025 特別講演

     「伝統と革新の融合

   ~能登揚げ浜塩田継承とブランド戦略~

 演者:中巳出 理(株式会社アンテ 代表取締役)

 座長:井上 里恵(愛知医科大学病院 副院長・看護部長)

 

1115 休 憩10

 

1125 委員会報告

  看護必要度活用推進委員会

  患者安全マネジメント委員会

 

11:45 総 会

 

1205 休 憩(移 動) 10

 

1215 ランチョンセミナー

 「創る看護職を創る

 演者:川添 高志 (ケアプロ株式会社 代表)

 座長:小藤 幹恵 (石川県看護協会 会長)

 

1315 休 憩(移 動) 10

 

1325 報告

 「職種の垣根を乗り越える有事のリーダーシップ

 演者:澤味 小百合 (公立能登総合病院 副院長・看護部長)

 座長:佐々木 久美子

    (日本臨床看護マネジメント学会理事、

           患者安全マネジメント委員会委員長)

 

1355 TEIDAN(鼎談)

     「変革の促進と持続可能なビジネスモデル

 ・常日頃のマネジメントが有事にいかなる影響を及ぼすか

   眞野 惠子 (藤田医科大学病院 

              副院長・統括看護部長)

 ・働く職員に向けての支援と自発性の促進

   野村 仁美 (JCHO東京山手メディカルセンター 

                   副院長・看護部長)

 ・新たな価値を生み出すために必要なマネジメント能力

   高田 誠 (株式会社オーセンティックス 代表取締役)

 

 ・コーディネーター

   山元 恵子 (富山県福祉医療短期大学 看護学科長)

 

1505 コーヒーブレイク 15分

 

1520 募集演題発表(4題)

     座長:坂本 和美(金沢市立病院 副院長・看護部長)

 

16:20 閉会宣言

   嶋森 好子(日本臨床看護マネジメント学会 学会長)

 

 

 

※プログラムは変更となる場合がございますのでご了承ください。

第16回 学術研究大会.pdf
PDFファイル 624.0 KB

これまでの学術研究大会については、過去の学術研究大会をご覧ください。